安部税理士事務所ブログ

税務 - 安部税理士事務所ブログ

2022/06/08

来週あたり梅雨入りかも?

2月と3月決算法人の申告…なんとか無事に終わらせることができました。

ハードな2か月だったのですが花の出荷にも追われていました。(汗)

昨年の秋に播種した「スターチスリモニウム)」が思いのほか発芽がよく、当初15m、1列2条のみの植え付け予定が2列になってしまい4月中旬から出荷が始まって、今やっと終わりかけになってきているところです。(1列は今週末に終わらせて秋菊の植え付け準備に入ります)

出荷と言ってもこれくらいの量だと市場に出すほどもなく農協の直売所に出す程度なのですが、日持ちする花ということもありよく買っていただいています。

↓この画像は4月の中旬に撮ったものになります。

直売所と言えば…来年10月から始まるインボイス制度。

直売所(ここでは農協)のシステムは生産者の委託を受けて直売所が販売(値付けは生産者)、生産者は売上金額から手数料を差し引かれて入金される…という流れになります。

販売者はあくまでも生産者となりますので、今回のインボイス制度では「農協特例」および「卸売市場特例」に該当しないため、購入者が事業者で仕入税額控除するためにはその生産者が適格請求書発行事業者(登録番号のある事業者)である必要があります。(経過措置あり)

 

私のように生産物が仏花が中心で購入される方が最終消費者がほとんどだと見込まれる場合は免税事業者のままで行けると思いますが、野菜類を出荷されている方の場合は購入者に事業者の方も見受けられますので判断が難しい所もありそうです。(生産者は高齢の方がほとんどかつ小規模事業者なので消費税の申告書作成までは厳しいかと…)

コロナのせいで今年も総会は開かれないようですし、農協の方針もまだ固まっていないようです。

店長には申請期限を伝えたのでこれから動きはあると思いますが…。

ほおずきも元気です!

ほおずきは露地とハウスで育てています。

今の所、元気よく育ってくれていますが、これからの梅雨の長雨、梅雨が明けての猛暑に耐えてもらうために予防作業が忙しくなります。

7月咲の菊も発蕾しました

2022/01/12

電子帳簿保存法 その5 ~電子帳簿保存法取扱通達解説

毎月納付の源泉税申告が昨日までだったのでバタバタしてました。

確定申告の書類もだんだん集まってきているし…ちょっとアセってます(^^;

あ、今年の初投稿でした…よろしくお願いします。

 

で、今年最初のお題も「電子帳簿保存法」です。

昨年末に「電子帳簿保存法取扱通達解説」(国税庁PDFファイル)が出ました。

(さらに…)

2021/12/16

電子帳簿保存法 その4 (2年猶予「税務署長へ届出は不要」)

令和4年度税制改正大綱が発表されました。

電帳法の2年猶予に関する記述は、上記リンクのPDF 90~91ページ、

(さらに…)

2021/12/07

電子帳簿保存法 その3 2年猶予の見込み

もう…ねぇ…今頃になって猶予ってどういうこと!?って感じなんですが…とりあえず準備が遅れていたので一安心というのが正直な気持ちです(^^;

12/6付日本経済新聞の1面に出ていました。

(さらに…)

2021/11/19

電子帳簿保存法 令和3年度改正 その2

今朝、電子帳簿保存法について投稿したばかりですが…あまりに腑に落ちないのでいろいろと調べていましたら、国税庁のホームページにて「お問合せの多いご質問」として11月12日に追加で回答が公開されていました。

今朝投稿した内容で罰則(青色申告承認取り消し)についても追加回答が行われています。

(さらに…)

電子帳簿保存法 令和3年度改正 その1

令和4年(2022年)1月1日より電子帳簿保存法(令和3年度改正分)が施行となります。

 

国税庁からQ&Aが出ていますが、小規模事業者にとって厳しい内容です。(というよりヒドいです)

そもそも、この内容を理解出る事業者がどれほどいるのか、税理士先生さえさっぱり何のことかって思ってる方も多いような気がするのですが…取り敢えずもうすぐ施行です。

「電子帳簿保存法」で検索すると、良いことばかりのタイトルのサイトが引っ掛かりますが、恐らく現場は大混乱すると思います。

 

(さらに…)

2021/10/28

源泉所得税徴収高計算書

もうすぐ11月。早いです。

税務署から年末調整の関係書類がお客様の事業所に届き始めています。

 

源泉所得税徴収高計算書…いわゆる「源泉税納付書」です。

税務署から送られてくる年末調整関係書類の中に入っています。(交付要の場合)

(さらに…)

2021/10/20

税務申告

今週から急に朝晩が冷え込むようになりました。日中は動くとまだ汗はかきますが…。

さすがに半袖はもうキビしいかなぁ…。

 

今月は担当の申告が少し多い月でした。(まだ提出は終わっていませんが…)

当事務所の税務申告ソフトはハンドさんの「魔法陣」を使っています。

随分昔から使っていますが他の申告ソフトと比較すると格安です。(^^;

その分、会計ソフトとの連携がほとんどなくて、最近は税務署から財務諸表まで電子で送信の要請もあり、面倒だなあ(すみません面倒くさがりです(汗)と思っていました。ハンドさんは独自の会計クラウドから連携する仕様になっています。

ただ…会計ソフトを変更するより申告ソフトを変更した方が手っ取り早いのですが、いかんせん他のソフトは高い!(お客様に会計ソフトの変更もお願いできないですし…)

汎用性が高いのはNTTデータさんの「達人シリーズ」で、主な会計ソフトととほぼ連携できる仕様になっています。

(さらに…)

2021/09/01

ホームページリニューアル

9月になりましたがもう少し暑さは続きそうです…。

ホームページをリニューアルして公開しました。

久しぶりに本格的にページの作成をしたので思ったより時間がかかってしまいました。(もちろん通常業務をしながらというのもありますが…基本的に当事務所は残業ないですし(笑))

さて、来月1日より消費税の免税事業者の適格請求書(インボイス)発行事業者の登録申請書の受付が始まります。(仕入税額控除の方式が始まるのは令和5年10月1日より)

消費税の益税を解消する目的というのが大義名分らしいですが…実務的には手間はかかるし(ハッキリ言って面倒)大変そうです。

この法案が出た時には「ホントにやるのかなぁ?」って思ってましたが、現在のところ延期になる気配もないし、国税庁のインボイス制度の特集ページもあるし、予定通りに始まることを前提に準備しなければなりません。

これからインボイス制度についてはいろんな情報が出てくると思いますが、免税事業者も課税事業者も対策を講じなければいけなくなりそうです。

ソリマチの「〔免税事業者むけ〕10月1日に登録始まる「インボイス制度」なぜ必要?準備もわかりやすく解説」は一読されるとよいかもです。