安部税理士事務所ブログ

安部税理士事務所ブログ - 税務以外の情報も!

2022/09/07

「税務署からのお知らせ」を騙る詐欺メールに注意!

台風11号も通り過ぎて秋風も吹き込むようになりました。

日中はまだ気温が高いですが、朝は涼しく感じるようになりました。

 

さて、先日お客様から「『税務署からのお知らせ』メールが届いたのですが対応しなければいけませんか?それとも詐欺ですか?」との問い合わせがありました。

ショートメールに送られるものは明らかに詐欺ですが、プロバイダのアカウント宛てに送られてきたということだったので、恐らく詐欺だろうと思いながらもそのままそのメールを転送して送っていただきました。

 

メールのタイトルは『税務署からのお知らせ【<文字化け文字>申告に関するお知らせ】』で、メール本文は

” 電子税が必要です。

あなたの所得稅(または延滞金(法律により計算した客勛 について、これまで自主的に納付されるよう催促してきま したが、まだ納付されておりません。
もし最終期限までに 納付がないときは、税法のきめるところにより、不動産、自 動車などの登記登録財産や給料、売掛金などの值権など の差押処分に着手致します。
納稅確認番号:****31
滯納金合計:10119円
納付期限: 2022/9/3
最終期限: 2022/9/4 (支払期日の延長不可)

 

お支払いへ⇒

※ 本メールは、「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」にメールアドレスを登録いただいた方へ配信しております。
なお、本メールアドレスは送信専用のため、返信を受け付けておりません。ご了承ください。
———————————————————-
発行元:国税庁
Copyright (C) NATIONAL TAX AGENCY ALL Rights Reserved.
———————————————————-                     ”

との内容。

「税」「滞」「債」「客勛」 等中華文字が見受けられます。

「お支払いへ⇒」 はリンクになっており、URLは国税庁とは全く別のドメインとなっています(https://nt*****.com/****)。

とりあえず、どんな画面が出るのかブラウザのシークレットモードで確認。

URLを開くと

こんな画面が出ます。

これから先は確認しなかったですが、国税庁を騙る詐欺メールにご注意ください。

 

なお、国税庁のホームページにも詐欺メールに関する注意喚起が「緊急のお知らせ」として掲示されていますのでご確認ください。

2022/06/08

来週あたり梅雨入りかも?

2月と3月決算法人の申告…なんとか無事に終わらせることができました。

ハードな2か月だったのですが花の出荷にも追われていました。(汗)

昨年の秋に播種した「スターチスリモニウム)」が思いのほか発芽がよく、当初15m、1列2条のみの植え付け予定が2列になってしまい4月中旬から出荷が始まって、今やっと終わりかけになってきているところです。(1列は今週末に終わらせて秋菊の植え付け準備に入ります)

出荷と言ってもこれくらいの量だと市場に出すほどもなく農協の直売所に出す程度なのですが、日持ちする花ということもありよく買っていただいています。

↓この画像は4月の中旬に撮ったものになります。

直売所と言えば…来年10月から始まるインボイス制度。

直売所(ここでは農協)のシステムは生産者の委託を受けて直売所が販売(値付けは生産者)、生産者は売上金額から手数料を差し引かれて入金される…という流れになります。

販売者はあくまでも生産者となりますので、今回のインボイス制度では「農協特例」および「卸売市場特例」に該当しないため、購入者が事業者で仕入税額控除するためにはその生産者が適格請求書発行事業者(登録番号のある事業者)である必要があります。(経過措置あり)

 

私のように生産物が仏花が中心で購入される方が最終消費者がほとんどだと見込まれる場合は免税事業者のままで行けると思いますが、野菜類を出荷されている方の場合は購入者に事業者の方も見受けられますので判断が難しい所もありそうです。(生産者は高齢の方がほとんどかつ小規模事業者なので消費税の申告書作成までは厳しいかと…)

コロナのせいで今年も総会は開かれないようですし、農協の方針もまだ固まっていないようです。

店長には申請期限を伝えたのでこれから動きはあると思いますが…。

ほおずきも元気です!

ほおずきは露地とハウスで育てています。

今の所、元気よく育ってくれていますが、これからの梅雨の長雨、梅雨が明けての猛暑に耐えてもらうために予防作業が忙しくなります。

7月咲の菊も発蕾しました

2022/03/18

コンピュータウィルス Emotetにご注意を!

とりあえず…確定申告終わりました。

今年は例年になくバタバタしていました。

なんかちょっと脱力感がハンパない感じです…(^^;

事業復活支援金の事前確認やこの確定申告期間で遅れてしまっている法人対応にシフトしなければ…。

 

(さらに…)

2022/01/17

竹チップ

先週金曜日から休みを取って畑周辺の竹林(マダケ)の整理をしました。

正月2日から少しずつ伐採を始めて、置場所もだんだん無くなって来たのでJAからチッパーシュレッダーをレンタルして粉砕作業をしました。

 

この時期に竹を1メートルくらい残して伐れば根ごと枯れるということなので、寒い中作業を頑張ってみました。(動くとそれなりに暑かったですが…)

(さらに…)

2022/01/12

電子帳簿保存法 その5 ~電子帳簿保存法取扱通達解説

毎月納付の源泉税申告が昨日までだったのでバタバタしてました。

確定申告の書類もだんだん集まってきているし…ちょっとアセってます(^^;

あ、今年の初投稿でした…よろしくお願いします。

 

で、今年最初のお題も「電子帳簿保存法」です。

昨年末に「電子帳簿保存法取扱通達解説」(国税庁PDFファイル)が出ました。

(さらに…)

2021/12/16

電子帳簿保存法 その4 (2年猶予「税務署長へ届出は不要」)

令和4年度税制改正大綱が発表されました。

電帳法の2年猶予に関する記述は、上記リンクのPDF 90~91ページ、

(さらに…)

2021/12/07

電子帳簿保存法 その3 2年猶予の見込み

もう…ねぇ…今頃になって猶予ってどういうこと!?って感じなんですが…とりあえず準備が遅れていたので一安心というのが正直な気持ちです(^^;

12/6付日本経済新聞の1面に出ていました。

(さらに…)

2021/11/19

電子帳簿保存法 令和3年度改正 その2

今朝、電子帳簿保存法について投稿したばかりですが…あまりに腑に落ちないのでいろいろと調べていましたら、国税庁のホームページにて「お問合せの多いご質問」として11月12日に追加で回答が公開されていました。

今朝投稿した内容で罰則(青色申告承認取り消し)についても追加回答が行われています。

(さらに…)

電子帳簿保存法 令和3年度改正 その1

令和4年(2022年)1月1日より電子帳簿保存法(令和3年度改正分)が施行となります。

 

国税庁からQ&Aが出ていますが、小規模事業者にとって厳しい内容です。(というよりヒドいです)

そもそも、この内容を理解出る事業者がどれほどいるのか、税理士先生さえさっぱり何のことかって思ってる方も多いような気がするのですが…取り敢えずもうすぐ施行です。

「電子帳簿保存法」で検索すると、良いことばかりのタイトルのサイトが引っ掛かりますが、恐らく現場は大混乱すると思います。

 

(さらに…)

2021/11/18

音楽のお話 その2

11月は割と色々なことができる月のはずだったのですが…税制の変更(改正とは言いたくない!(笑)関連の研修だったり、やらなきゃいけないことが増えてきて思うように時間が作れなくなっています。

2023年10月からのインボイス制度もそうなのですが、2022年1月からの電子帳簿保存法が頭が痛いです。(これについてはまた後日書きたいと思います)

(さらに…)

サイト内検索

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

安部忍税理士事務所

TEL:0977-26-2560
大分県別府市野口元町3-28
AM9:00〜PM6:00
土日祝休み